体のこと

東京に来てからもうすぐ2年になります。

今まで大きな病気はしたことがなかったのですが、
たまたま40歳前後ということもあって今まで一度も引っかかったことのない子宮頸がん検診で引っかかってしまいました。

検査結果を見て、「異形成細胞ってなに?」

そんな軽い感じで、再検査をしたのは半年後。
ヒトパピローマウィルス(HPV)に感染しているということでした。

HPVには種類がたくさんあり、その中でもっともガンになりやすいハイリスク型細胞、16,18というものがあります。
私はたまたまそれには感染していませんでしたが、細胞診、組織診という検査を3ヶ月に一度行いながら経過観察ということになりました。
3回検査を行います。

もう少しで、3回目の検査。

2回目の時、HPVは消えたようなので、
次の検査で何もなければ、一年に一度の検査でよくなります。

女性の先生のクリニックで、かつ検査してくれる病院を探し、もし私の細胞がガンになった時は手術の設備が整っている病院を紹介いたしますとのことで、かなりナーバスになていました。
次の検査も何もないことを祈っています。

IMG_2024.jpg

別で、たまたまドライアイかな?と思って眼科に行ったら、なんと初期の初期の緑内障と診断されてしまいました。
骨折もしたことがなく、大きな病気にかかったこともないのにこれは・・・
眼圧を上げないように点眼のお薬を毎日さしています。

そろそろ人間ドッグの季節なのですが、他に何か病気が出てこないかちょっとビクビクしています。
ただ、何事も早期発見で大ごとを避けられるのではないかと思います。

世の中にはクリニックに行かなくても、こんな形で家で検査ができるキットがあるんですね。
そういうものは、病院に行かないで利用するのも手ですよね。

性病検査が気軽に便利に受けられる
・完全な匿名検査、プライバシー重視!
・安心・便利なキャリア決済がご利用可能(docomo・au・SoftBank、3キャリア対応)
・日本性感染症学会認定士/性の健康カウンセラーが、お悩み解決をサポート
・あなた専用画面で質問やりとり!
・医療へつなぐサービスもあって安心
・検査タイプが豊富

性病に知らずにかかっていて、妊娠しにくくなるという話はよく聞きます。
知るべきことは早く知って対策して体を大切にしたいものですね。


この記事へのコメント